行政書士の勉強法について

行政書士の試験を受けるのに資格学校は有利になる?

法律初学という場合、法律系国家資格で一番簡単といわれる行政書士であっても、とても高い壁になるでしょう。
それだけ法律の勉強というのは、入り口の敷居が高く、始める前から挫折してしまうものなのです。

 

独学で進めたい気持ちは、誰でも同じものです。
行政書士には合格後もかなりのお金が必要です。
登録するだけでも30万円は見ていかなければいけません。
努力はしても出費は抑えたいと思うからこそ、独学を選択したくなるわけですが、
初学にはあまりにハードルが高いわけです。

 

本当に行政書士を目指すという覚悟と意気込み、それと収入があるのであれば、
資格学校に通って取得するということも、大事な選択でしょう。
コースにもよりますが、20万円は見ていかなければいけません。
その代りに、専門の講師が、最新の情報で講義を展開していきます。
20万円という金額に見合う講義は受けられるように出来上がっているわけです。
独学では得られない情報も、資格学校にいくといろいろと手に張ったりするわけですが、
中にはオフレコでしか言えないようなものまで、様々なのです。

 

そしてここが一番重要ですが、行政書士を受けようとしている人間が集まります。
属性も様々ですが、一人でできるような人はその金額をかけたりしませんから、
レベル的には近いところになるはずです。
多くの刺激を受けながら学んでいけるのが、資格学校になっているわけです。