行政書士の勉強法について

行政書士の試験は絶対評価式試験になっている?

行政書士を合格という面から考えてみることも、実は重要であったりします。
一方向からしか物事を見ないというのは、落とし穴があったりするものなのです。

 

試験として、絶対評価式試験であるということが、かなり重要なポイントです。
行政書士には、合格点という物が存在します。
そのため、毎年合格者人数や率がかなり変動しているのを知っているはずです。
これは、合格点という一定点を取れば、試験は合格であるということなのです。
どんな問題が出題されようとも、ボーダーを超えればいいだけなのです。

 

よく資格学校などでは、隣の席に座っている人間はライバルだの言いますが、
行政書士の試験に関しては、隣が東大の法学部であろうが、
弁護士であろうが、ライバルなどではありません。
自分が点を取ることだけしか合格の道はないので、
誰が何点取ろうが自分には何ら影響を及ぼしません。
行政書士は自己のとの戦いであるという点にもなります。

 

絶対評価式試験である以上、問題の難易度によって、合格者数は大きく変動します。
常に一定割合を合格にする相対評価式試験であれば、
難易度が高くても合格者数はほぼ一定のため関係はないのですが、
絶対評価式試験は合格点がかなり遠くになってしまうことが出るのです。

 

試験の難易度に関しても、努力した人間であれば後日談として話したりもできますが、
何も努力もしない人ならば、笑い話にもしてほしくない、
それが行政書士の試験でもあるのです。